Youtube映画予告動画 HOME > 邦画 > 遺体 明日への十日間





遺体 明日への十日間 動画視聴

【遺体 明日への十日間のストーリー】
2011年3月11日。東日本を中心に巨大地震が発生し、東北部に最大40メートルの津波が襲う。

岩手県釜石市も海岸沿いの町が津波に飲まれ、多くの犠牲者が出る。市の民生委員である相葉は身元不明の遺体安置所の痛ましい光景を目の当たりにして、ボランティアとして安置所の運営を切り盛りし始める。

日々送られてくる多くの遺体。終わらない作業に苛立ちと絶望を感じ始める市の職員や自衛隊、消防隊員や医者たち。悲しみに沈み、あるいは感情的になる遺族たち。そんな中、相葉は、まるで生きているかのように、一人ひとりの遺体の手を取り、頭を撫で声をかけ、心をこめて職務に没頭する。

やがて相葉の行動は、悲惨な現状に茫然自失となっていた周りの人々に勇気と思いやりを思い出させていく。

【出演】西田敏行 緒形直人 勝地涼 國村隼
【監督】君塚良一
【製作】日本
【公開】2013年

参照:【Wikipedia】【Yahoo!映画】【シネマトゥデイ】【Movie Walker

予告
関連記事

YouTube】【ランキング】【映画

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する