Youtube映画予告動画 HOME > 邦画 > でーれーガールズ





でーれーガールズ 動画視聴

【でーれーガールズのストーリー】
40代半ばの秋の日、漫画家「小日向アユコ」として多忙の日々を過ごす佐々岡鮎子の元に、自身の出身校である岡山白鷺女子高等学校の同窓会から、同窓会の誘いを兼ねた記念講演の依頼状が届く。だが鮎子は依頼状の差出人である「萩原一子」という人物に心当たりが無かった。手紙からすると一子は同校の女教師で、鮎子のデビュー当時からのファンらしい。結局、誘いと依頼に対して断る理由を見いだせなかった鮎子は一路、岡山に向かう。懐かしい地に降り立った鮎子は、その光景に遠い昔を断片的に思い出していく。東京から岡山へと引越し、新しい暮らしに馴染めずに友人などいなかった高校時代。そんな彼女に知らず寄り添うようになったクラスメート秋元武美との思い出を。

翌日、同窓会場である母校で旧交を温めていた鮎子の前に、招待者である荻原一子が挨拶に来る。同様に挨拶を返す鮎子だったが周囲の同級生たちが笑い出す。一子は意味ありげなそぶりをすると鮎子だけに見えるようにジャケットの袖を裏返し「その部分」を見せる。そこには鮎子と武美だけが知る、二人の青春時代を象徴する、ある印が存在した。実は荻原一子は鮎子の高校時代の友人である秋元武美、その人だったのだ。

ついに、会いまみえた青春を共有する二人の「かつての少女」は、その記憶に淡き日々を鮮やかによみがえらせる。孤独だった鮎子と、彼女にちょっかいをかけてからかっていた武美。そして二人が惹かれた、カッコいい大学生「ヒデホくん」の存在。そんな彼らにまつわる一つの物語の記憶を。

【出演】優希美青 足立梨花 白羽ゆり 安蘭けい
【監督】大九明子
【製作】日本
【公開】2015年

参照:【Wikipedia】【Yahoo!映画】【シネマトゥデイ】【Movie Walker

予告
関連記事

YouTube】【ランキング】【映画

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する